樽酒お役立ちコーナー

樽酒専門通販サイト「鏡開き館」の店主が樽酒の疑問にお答えします。
樽酒について知識を深めたい方のお役に立ちたいです!
樽酒についてのご質問も募集しています。お問い合わせフォームからご連絡ください。
またこちらをクリックでたる酒 お役立ちコーナーのメニュー一覧をご覧いただけます

樽酒とは

樽酒の由来

室町時代頃までは日本酒は大きな甕(かめ)で造られていました。
安土桃山時代頃から日本酒がよく飲まれるようになり、それとともに大量に酒を造る必要性が出てきたため、ヒノキや杉で作った桶を利用した酒造りがさかんに行われました。
また桶に蓋をして運搬したのが「木樽」の始まりといわれています。
(桶と樽の違いについては、桶(おけ)は蓋のない容器、樽(たる)は輸送用に中身がこぼれないため、蓋をしたものとされています。)

樽酒の定義

日本酒における樽酒とは、日本酒を杉やヒノキの樽に詰めて数日間おき、お酒に木の香りをつけたものです。
天候や温度によって香りがつくまでの期間に差はありますが、短くて2日位から長くても14日程度ではないでしょうか。
それ以上経過すると木の香りが強すぎて、お酒の味が損なわれることがあります。
たとえ瓶詰めの状態でも「樽酒」とうたっているものは一旦樽に詰めて木の香りをつけてから瓶詰したものと思われます。
逆に陶器やガラスの樽に詰め、外に菰縄を巻き付けた状態のお酒の中には、樽に漬け込んでいない通常の日本酒が入っているものが多く樽の香りがしない場合が多いです。

樽酒のサイズ、容量

樽のサイズは縦、横、高さ各40cm程度の1斗、縦、横、高さ各50cm程度の2斗、縦、横、高さ各65cm程度の4斗が一般的です。それに加えて当店では縦、横、高さ各30cm程度の5升樽も扱いがあります。
サイズの違いにより当然中に入るお酒の量も変わってきます。
1斗は18リットルを表す単位ですので、満タンの時の容量はそれぞれ下記のとおりです。
1斗:18リットル 2斗:36リットル 4斗:72リットル 5升:9リットル

樽酒の賞味期限

樽酒の賞味期限はどのくらいだと思いますか。
開封していないものでおよそ3週間以内に飲み切ってください。
ただし梅雨の時期や夏季だと細菌がつきやすいので2週間程度が望ましいです。
では開封し樽に入ったままだとどのくらいおいて置けるでしょうか。
それはせいぜい1週間程度です。しかし瓶に移し替えて冷蔵保存すれば1ヵ月以上長持ちするのでご安心ください。

最近チェックした商品

レンタル品はこちら 鏡開き館の決済について 樽酒使ったよレポート
カテゴリから選ぶ
樽酒の価格別検索
樽の日本酒(銘柄)・その他
店主ご紹介
樽酒、鏡開きの専門館 鏡開き館 店主
鏡開き館店主の丹羽さくらです。ご不明な点や疑問点はメールやお電話で何でもご質問ください。丁寧に応対するよう心掛けております。日祝日や時間外でも携帯に転送しているので電話対応できる事が多いです。
樽酒お役立ちコーナー
商品検索
営業日カレンダー
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
定休日:日祝日(ご注文は可能)。外出時は電話を転送しております。
お問い合せフォームからなら24時間いつでも!